ユナイテッド航空・エコノミークラスの紹介をします

こんにちは!ブログが復活したので、本格的に旅行の情報を発信していきたいと思います!
記念すべき1回目は、ユナイテッド航空のエコノミークラス!!
スーツさんこの間、友達とグアムに行ってきたようなので、その時乗ったユナイテッド航空の紹介をしてくれました。
海外の飛行機なので、いろいろ不安だと思うので、実際のところどうなのか?を詳しく解説してくれました(*^-^*)
グアムの旅行記はまた違う記事として公開するのでお待ちくださいね!

以下、スーツさんの執筆です。(必要に応じて私が編集している部分もあります。)

グアムへ行ってきました

中学時代の友人がグアムへ行こうと誘ってきた。詳しく聞けば、旅行会社H.I.S.の格安ツアーで行きたいのだが、2名連れでないと安くならないから、便乗しそうな私に話を振ってきたという。誘いと言えば聞こえはいいけれど、要するに数会わせである。それでも2名1部屋、3泊4日で、エコノミークラス利用1人75,000円と安いので、結局は良いツアーを見つけてきた彼に感謝しつつ、正月3日、山形から帰京後、直ちに八重洲地下街のH.I.S.店舗に向かった。店は正月から開いていた。過酷な勤務に労いの言葉をかけたら、去り際にニコニコ見送ってくれた。

日本からグアムに行ける2つの航空会社

第一にグアムへの航空便事情について解説する。
グアムへのアクセスは無論航空機によるが、運航の会社は日本航空とユナイテッド航空、今では2つである。主に成田~グアムでの運航。関西~グアムではLCCティーウェイ航空の運航があるという。日航便は毎日2往復あるようで、それぞれ成田を午前10~11時台発、グアムを午後4~5時台発と程よい。ユナイテッドは3往復あって、成田発が11時、17時、21時台。グアム発は7時、13時、17時台。つまり1日5往復ある。飛行時間は3時間半。かつては米国系のデルタ航空、我らが全日空も就航していたが廃された。
なお、グアムはかつて日本人観光客の定番目的地だったらしいが、現在は7割が韓国人なのだそう。タクシーの運転手さんは、グアムに来るアメリカ人は軍関係者だけだと言う。グアムから最も近い1000万都市は東京、次に近いのはソウルのようだ。グアムからユナイテッドのアメリカ国内線、ハワイ経由ヒューストン行きが飛んでいるようだが、国内線のくせに16時間も飛ぶらしい。ニューヨークなどに行くときは、東京での乗り換えが多いという。アメリカからアメリカに行くのに、一旦日本を経由するというのは面白い。グアムはそれだけ、アメリカ本土から極端に離れた島なのだ。

今回のツアーはタイトルにも記したようにユナイテッド航空を利用することが確約されたものだった。グアム3泊4日75,000円は普通に航空券を手配するより安いが、もっと安いツアーもある。それらのツアーは利用航空会社が決定していなくて(しかし、旅行業法の定めるところにより利用可能性のある航空会社を限定的に列挙しなければならないから)、日本航空、ユナイテッド航空、チェジュ航空…といくつかの航空会社の名がパンフレット誌面に印刷されていた。印刷するのは勝手だが、この安さ(確か5万円台だった)がチェジュ航空などのLCCによる、チャーター便利用を前提としていることは明らかで、日航の当たりくじを引くことはあり得ないだろうから、それは避けることにした。

ツアーにはオプションというものが設定されていて、何も追加代金を支払わないと、成田2120発、グアム発700の便に乗ることになるという。これはあんまりだと思う。いや、これでいいならこれで行けば良いのだろうが、着いた日と帰る日はもう他に何もなす事なく終わってしまう。3泊4日と言うが、実質1泊2日である。グアムに男ふたりで行って、それほど時間を使うような用事もないのだが、もう少し追加の金を出して、バカンス的な旅程を組もうと意見が一致した。結局、東京2120発の便で行って、グアム1705発の便で帰ってくることになった。帰りの便を遅くするのに追加で8,000円、悪くない金額であると思った。行きも早い便にしたかったが、往復ともにオプションを支払って便を変更することはできないのだという。また、相場は知らないので悪しからず。

ユナイテッド航空のチェックイン方法

1/20日夜、友人と待ち合わせ成田エクスプレスに乗車。早く空港に着き、搭乗手続。

自動チェックイン機を操作するよう求められた。IC旅券に電子航空券の情報が関連付けられており、非常に便利である。ここで、自分の座席がどの位置なのか確認できる。機材は大型のボーイング777型で、座席は3列・4列・3列配置となっているが、機内後方座席の指定がなされており、そこは2人掛け区画だった。予約の段階では、並びの席ですらない可能性が高いとのことだったから拍子抜け。旅行商品で予約すると席の位置が離れる場合が多く、それを確実に回避できるツアーも「ペア席確約」として人気を集めているという。3人掛けか4人掛けで、知らないオッサンに囲まれ、狭い旅行をするのだと思っていたが、これなら十分である。座席を確認すると、上級席への変更を提案された。ビジネスとの差額が360ドル、プレミアムエコノミーとの差額は50ドル。これは曖昧な記憶である。110を乗じると日本円の価格になる。ビジネスクラスとの差額は1人あたりおよそ4万円。せっかく当たり席を引いたのだから、ビジネスに乗るのはやめた。座席も離れてしまうようだ。帰りにもしもビジネスの空席があるようなら、おごってやるから一緒に乗ろうと約束した。そいつは図々しく、楽しみにしていると言うぐらいだった。これぐらい仲のいい奴でないと、わざわざ外国に連れ立って行こうとは思わない。

出発時刻の30分前ぐらいに保安検査ゲートを通過したように記憶している。後れを取ってはいなかったはずだが、用心深い観光客が多い路線のためか、すでにほぼ全員が検査を済ませ、中で出発の待機をしているようで、全く混雑していなかった。その際、私だけボディー・チェックなるものを受けたが、背の高いお姉さんが全身をくまなく擦ってくるのはくすぐったくて仕方なく、目線も同じであるから、常にニヤニヤしている大層気持ちの悪い奴になってしまった。自分が気持ち悪いと思われるのは気にしないが、そんな奴の体を撫で回させられるお嬢さんを気の毒に思う。

グアム便の3つの座席(エコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネス)

ユナイテッド航空に乗るのは初めてである。星条旗を模したデザインのアメリカン航空、ミシシッピの三角州を象るデルタ航空の飛行機はそれぞれ成田で見たことがあるが、地球をデザインした青と白のユナイテッドは初めて見た。この名前は9・11テロのことを調べると必ず聞くもので、2つの便が世界貿易センタービルに突入した。どうもそれによる乗客減で一度破産してしまったらしい。もともとはボーイング社を始めたボーイング氏の作った会社だとか。詳しくは航空マニアに聞いてください。
実用的な案内をしておくと、全日空と同じ「スターアライアンス」の一員で、全日空ともコードシェアを実施しているから、ANA予約サイトでも航空券が購入できるようだ。世界最大の規模とネットに書いてあったし、また、世界最悪の機内食とも書いてあった。先に言っておくと、そんなにまずい食事は出なかった。
座席はビジネス・プレミアムエコノミー・エコノミーの3種類。プレミアムエコノミークラスの座席が見当たらなかったが、外見は同じらしい。つまり、椅子の形や横幅は同じなのだが、前後の間隔が広くなるとのことである。エコノミークラスの前後間隔は日航・全日空と同じようであった。ビジネスクラスは完全に隔離されていて見ることができない。ご想像の通り、というかタイトル通り、帰りは8万円払ってビジネスクラスで帰国したので、その様子もご覧いただきたい。

気になる機内サービスについて

キャビン・アテンダントが何名乗務していたかは忘れたが、3~4割ほどが日本人ないしは日本語を話せる人のようであった。外国人と思しき乗務員も日本語ができる。何か違和感があると思ったらモニタがなかった。その代わりスマートホンを挟み込む口があって、要は手前のディスプレーを使えということである。コンセントも確か、あったような……?ネットで今検索したが、どうもあるようだ。Wi-Fiも利用できるがべらぼうに高いので、普通は使わないだろう。

機内食はマカロニパスタとミートボールがトマトソースで味付けされたものとパン。別に不味くなかった。友人はさっき空港の中華屋でたくさん食べたにもかかわらず、うまいうまいと機内食を食している。私は愛想笑いをするに留めた。
が、実際これは別に不味くなかった。この人は味覚が幼稚なので、こういう物を美味しいと食べるのは想像に難くない。味についてだが、コンビニ弁当のハンバーグの下に敷いてあるスパゲッティの5倍ぐらい美味しかった。

飲み物もくれるのだが、JALほどに頻繁なサービスではない。グアム到着前に水を配っていたが、サービスがそれほど頻繁ではなかったためか、乗客の多くが水を欲していた。私ももらった。

グアムまでの飛行時間は3時間30分。A.B.ウォンパット空港に着陸する。昔、ここから米軍機B29が飛んできて、日本中に爆弾を落としていったという。この飛行場を造ったのは日本軍だというから皮肉である。要するに今回のルートは空襲時の米軍機の帰還コースでもあった。B777の半分ぐらいの速度しか出ないから、片道6時間?そう思うと、ここまで3時間の足の疲れも大したことの無いように思えてきた。

グアムの入国手続きは面倒くさい

グアムとの時差は1時間。午前1時前、星条旗に迎えられて予定より早くグアムに着いた。

しかし、あることで少し心配になった。
前にニューヨークに行った時、入国に1時間半ぐらい行列したのである。でもグアムはアメリカ領とはいえ観光客の受け入れが多いし、グアムに入国できてもアメリカ本土へは再度の入国審査もあるし、本土とは何千キロも離れているし、今回はきっとすぐ終わるだろう。(実際、グアムはビザシステム“ESTA”が免除など、入国のハードルが本土よりも低いし、米人もグアムに来る際はパスポート携帯というから、米国本土と入国の仕組みが多少異なっていてもおかしくないのである)
そう思ったがやはり甘かった。結局40分ぐらい行列に並び、ホテルについて眠ったのは3時ぐらいのことになった。アメリカの入国は厳しい。
ただ、ESTAプログラムを通過している人はうんと早く入国できるようである。私は今回ESTA無しの友人と行ったから、自分だけ早く抜けても仕方なかったのだが、このために手数料2000円ぐらい(だったと思う)を払う価値もあるかもしれない。とにかく、眠かった。グアム滞在中のことについてはまた記事を書くから参照されたい。




17 件のコメント

  • スーツさんの声が聞こえてくるような丁寧な文章。スーツさん、リンゴちゃん、UPありがとうございます(^_^)

  • グアム旅行お疲れ様です。”この人は味覚が幼稚”の部分は不覚にも笑いました。機内食はまぁまぁ美味しそうですね。米軍機の帰還コースというのも感慨深い。入国手続きに40分も行列に並ぶのは疲労困憊になったかと。グアム滞在中時の記事も楽しみにしてます。

  • いよいよ、旅行記ブログの始動ですね!
    記念すべき第一回(?)がまさかの航空機での海外旅行記とは(笑) とは言え、とても丁寧な説明で今後の旅行記も期待が出来ます(о´∀`о)
    ブログの中で、
    『私だけボディー・チェックなるものを受けたが、背の高いお姉さんが全身をくまなく擦ってくるのはくすぐったくて仕方なく、目線も同じであるから、常にニヤニヤしている大層気持ちの悪い奴になってしまった。』
    というくだり、何だか若い男の子って感じで微笑ましく拝見しました~(*´ω`*)

  • スーツさん、りんごちゃんお疲れさまです。
    スーツさんのニヤニヤ顔、愛想笑い眼に浮かぶ〜
    機内食の事も詳しく教えてもらえのは とても嬉しいです。旅は食べ物も楽しみ
    グアム滞在中の記事楽しみにしていまーす。

  • 最初は文字ばかりで読みにくいのではないかと思いましたが、スラスラ読める文章ですぐに読み終えました。みかんさんと同じようにスーツさんが声が聞こえてくる気がしましたね笑
    スーツさんらしいブログを作り上げて下さい。これからも応援しています。

  • 投稿日が小さく記されているので、注意していれば分かりますが、こういったWEB上の情報は、いつ行ったかを明記しておいた方が良いですよ。

    私もWEB上に20年前のグアム旅行記を放置しています。なお有効な情報もありますし、すでに現状と違っている情報もありますし、過去の記録として有用になっている写真などもあります。いずれにしても、何時頃の情報なのかは冒頭に宣言しておいたほうが、読む人の助けになります。

  • 長年アメリカ在住で通常アメリカン利用だが一度JALに乗ってしまったら二度とアメリカの航空会社で日本に行きたくない。
    すごい安いなら別だが基本は同額だし。
    ブログありがと。通勤で楽しみます。

  • スーツさんて文章力もあるのですね!読みごたえのある旅行記になってる。昔、好きでよく読んだ開高 健さんの旅行記を思い出しました。

  • もっと写真が欲しいものです。
    「エコノミークラスに乗ってきました」ならせめてシートの写真とか飛行機の中身をもう少し載せてもいいんじゃないかなと思います。スーツさんももう少し写真をブログ用に多めに取るべきだと思いますよ!文章だけでは足りないところもあるものです。

  • スーツさん りんごちゃん ブログ楽しく読ませて頂いております。

    私はグアムには(訂正、海外には)行ったことがありませんので大変貴重なお話が拝読出来てとてもありがたいです。

    よくはわかりませんが息子が昔、中学の修学旅行でグアムへ行く前の英会話練習のメモにこんなことが書いてありました。
    タクシー、南太平洋~=「Please
    go to Queen Peace of Chapel」全然違っていたらごめんなさい…なんせ筆記体走り書きされていて私は英語が苦手ですので正式名称が通じなかったと書いていましたので感覚的にこれかな?と思ったもので。

    次の更新 楽しみにしています

  • JALの旅行券が満期になったのでグアムまでビジネスクラスでグアムまで行くつもりです。ちなみにJAL便だと往復5万もあればビジネスクラスにアップグレードできるようです。JALだとおいしいビーフカレーが食べ放題ですが調子に乗ると機内食を残してしまう。ハーゲンダッツは食後の口直しにいいですね。機内食は行きは和食がおすすめです。食後は座席をベッドにして横にするといいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です