グランクラスに乗り遅れた場合の対応

横浜から大船渡へ行こうと指定席を予約。今回は久々にグランクラスにした。東海道線で東京駅へ向かい、降りて時計を見ると出発時刻を指していた。余裕があるつもりだったが乗り遅れたのである。
新幹線を含む特急列車の指定席(グリーン車、グランクラス等を含む)に乗り遅れた場合は以下の対応となる。自由席は時間の指定がないから、ただ後の列車に乗ればいいだけだ。

①特急券はあくまで無効、払い戻しも一切できない。
②ただし、同日中に後続列車の運行があれば、無効になった特急券を利用し、自由席に限り乗車できる。

以上はよく知られているのだが、特別車両、すなわちグリーン車・グランクラス(A寝台も?)に乗り遅れた乗客には更なる救済策がある。

同日中の後続列車の特別車両に空席があり、かつ運輸上支障がない場合は、現場の判断でグリーン車・グランクラスに乗車させてもらえる場合があるのだ。
これはJRのマニュアル的存在である「旅客営業取扱基準規定」に書いてあるのだが、あくまでマニュアルなので、この通りの対応がされなくても文句は言えない。が、これまで親切な係員さんのお世話になり、複数回グリーン車に乗せて頂いたことがある。
はやぶさ号の車掌さんいわく、やまびこのグランクラスに乗り遅れた乗客をはやぶさのグランクラスに乗せることはできないそうだ。今回は乗り遅れたことにより、もう一ノ関へ行く必要は無くなったので、はくたか号の車掌さんから乗車許可をもらった上で、大宮までの乗車をさせて頂き、軽食と飲み物を楽しんだ。

2 件のコメント

  • 気仙沼はこれから西園寺さんが向かう場所なので、
    BRTというものがどういうものか西園寺さんより
    前にスーツさんの説明を見てみたかったんですが、
    行けなくなって残念です。

    おそらく大宮での払い戻しの動画はこの日の動画だと
    思いますが、あらかじめ払い戻すことがわかっていれば
    現金で乗車券を購入した方がいいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です