【浦和シリーズ】「○浦和」という駅を全部紹介。

最近浦和に用が多くできるのだが、旧浦和市内のJR各線には「浦和」と付く駅が非常に多く、度々ネタにされる。
浦和駅はさいたま市の中心駅で、流石の威容である。2013年まで湘南新宿ラインのホームがなかったので、新宿からの列車は全部通過していたから、当時小中学生の私にはショボイ駅に映ったのだが、そんなことはない。新幹線こそ来ないが、大宮を上回る派手さは埼玉ナンバーワンである。
次に主要な駅は南浦和と思われる。この駅は武蔵野線と京浜東北線の乗換駅で、京浜東北線で浦和駅の1つ隣にある。朝晩はひどく混雑する。宇都宮・高崎線はこの駅を通過するので不便であるが、このお陰で混雑は多少マシになっているはずである。京浜東北線には南浦和止まりのものが多く、それより先まで行きたいときに南浦和行きが来るとテンションが下がる。
武蔵浦和は武蔵野線で南浦和から西にひとつ隣にある。埼京線と武蔵野線の乗り換え駅で、埼京線の最速列車、通勤快速も止まる主要駅だ。武蔵野線の東京行き、一番後ろの号車は埼京線との乗り換え客が多いためにいつも混んでいて、避けたい場所である。駅構内にうどん屋など、色々食べ物屋があって、時間潰しにも便利。
西浦和駅は鉄道マニアが集結する有名な駅で、武蔵浦和から更に西へひとつの場所にある。武蔵野線は大宮への支線も備えているのだが、西浦和でその支線が合流するのだ。私も通った場所で、寝台車や貨物などの写真を撮った。

東浦和は南浦和から武蔵野線で、武蔵浦和と逆方向にひとつ進んだところにある。両隣の東川口駅は地下鉄と、南浦和駅は京浜東北線との乗り換え駅であるが、この駅では何にも乗り換えられない。浦和だの川口だの、東西南北だの似たような名前が多いので、間違わないように「この駅は乗換駅ではありません」と注意書きがある。
北浦和駅の紹介に関しては投げやりにならざるを得ない。別に何も突っ込みどころはない、普通の駅なのだが、特色という特色は見当たらない。京浜東北線で浦和のひとつ北側にある駅で利用客も多く、普通の有能な駅である。
残った中浦和も、うまいラーメン屋があるらしいことを聞いたことがあるだけで、私は降りたことすらないのだが、高架の真下に武蔵野線の支線があり、別所信号場が近い。別所信号場は普通の列車は通らない場所で、武蔵野線から大宮駅へ抜け出す列車「むさしの」「しもうさ」や臨時列車が通る特殊な駅である。別所信号場観光には便利な駅かもしれない。
市内に8つのJR駅「浦和シリーズ」があるが、その中でも武蔵浦和は、無理やりつけた感が拭えない。旧国名を冠した駅名は少なくなく、例えば武蔵小杉、武蔵小金井などが挙げられるが、これは北陸本線の小杉駅、東北本線の小金井駅など、遠く離れたところにある同じ地名と区別するための措置だ。武蔵浦和の「武蔵」も確かに他の駅と区別しているには違いないが、すぐ近くの浦和シリーズと違う名前をつけられれば何でもいいやと、適当に「武蔵」とつけたのでは?無論真実は知らないが、これほど駅名が多いと仕方ないことである。

11 件のコメント

  • 喋ってる内容を文字にすると
    こんな感じなのですね。
    すごい文字数と情報量。

    こんなにたくさん知識があったら
    旅が楽しいでしょうね。

    動画では
    自分も旅してるみたいで
    とても楽しく。
    毎日がとても嬉しい。
    ありがとうございます。

  • 東海道新幹線の三河安城駅とかと同じ例でしょうかね?愛知県安城市以外に聞いたことのない地名ですが、すでに新安城駅は名鉄の駅として使われていたので、新幹線でありがちな「新」+地名の駅名を作れない。だから仕方なく旧国名をつけるという事例です。同じく愛知県ですが、名鉄三河線の知立駅のとなりに三河知立駅という駅があります。これも同じ例なのかは詳しくはわかりませんが、他地域との識別のための旧国名以外にも、「新」という駅名の代用としての旧国名を添える駅名というパターンも見受けられそうです。
    長文失礼しました。

  • JRの駅は7つ
    (浦和駅、中浦和駅、武蔵浦和駅、北浦和駅、南浦和駅、東浦和駅、西浦和駅)
    埼玉高速鉄道を足して8つ
    (浦和美園駅)

  • 武蔵野線との乗り換え駅だからという理由で武蔵浦和駅と名付けられたので、その他の武蔵シリーズと経緯は異なる。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です